Archive for the ‘4.身近な法律相談’ Category

本気で憲法を考えた

2013-09-10

ご存知のとおり、今ひたひたと現行憲法を戦争もできる憲法に変えようとする動きが迫っています。しかし一方で、戦争放棄の平和主義に徹する現行憲法を守ろうとする運動は、確実に力強く広範な人々によって支えられています。 この平和運動を紹介します。 去... (Read more)

遺言書の作り方 その2

2013-07-11

遺言書は、封筒に入れて封をしなければなりませんか?という質問をいただきました。 答え:その必要はありません。 もっとも、自分の生きている間は読ませたくないとか、勝手に触れられては困るといった事情から、封筒に入れられていることが多いようです。... (Read more)

遺言書の作り方 その1

2013-07-05

「遺言書」というと難しいことのように思われるかもしれません。 しかし、実は、遺言書は自分で簡単に作ることができるのです。 これを自筆証書遺言といいます。 自筆証書遺言の要件は、 「遺言者が全文、日付、氏名を自分で書き、押印すること」 たった... (Read more)

2ヶ月に1回は帰郷しなければならない、という判決

2013-07-03

2013年7月1日、「家族は、高齢者の精神状態にも配慮して、高齢者を冷遇してはならず、別居している場合には、頻繁に高齢者を訪問し、雇用主は、その訪問のための休暇を保障しなければならない」との条文を盛り込んだ「改正高齢者権益保障法」が施行され... (Read more)

遺言書のこと。

2013-07-01

相談者の方とお話ししているときに、「これは将来トラブルが起きるかもしれないな」と感じることがあります。 そういうときは、可能な限りトラブルを回避する方法もアドバイスさせていただくようにしているのですが、トラブル回避の方法が「遺言書の作成」で... (Read more)

過払金回収の弁護士選び その2

2013-06-06

以前、過払金の回収について小池弁護士も投稿していますが (過払い金回収の弁護士選び)、 私も控訴審で似たような経験をしてきました。 控訴審の裁判長は、貸金業者が提示した和解案に応じようとしない債権者が悪者であるかのように攻め立て、「過払金は... (Read more)

体罰を見逃した教員の責任

2013-03-20

またまた(?)弁護士ドットコムの記事がアップされております。 こういう題材での記事がなくなることを願うばかりです。(小池拓也) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130320-00000304-beng... (Read more)

学歴・経歴詐称をすると…

2013-03-12

「弁護士ドットコム」というサイトに,私の原稿が載りました。 学歴や経歴を詐称すると犯罪になるか? 解雇されるか? というものです。 司法試験予備校の講師が,「『結婚してあげるから』とだましてお金を取ると詐欺になりますが、『お金をあげるから』... (Read more)

死亡危急時遺言

2013-03-08

3月28日の市民向け法律講座「遺言相続の基本」につきましては、早々にお問い合わせやご予約をいただいており、心より感謝申し上げます。 これにちなんで(?)、私の方からは、死亡危急時遺言を作成したときのことを書いてみたいと思います。 死亡危急時... (Read more)

体罰・スタバのコーヒー

2013-01-23

ということで,既に御覧いただいた方もいらっしゃるかもしれませんが,弁護士ドットコムというサイトに,2本ほど寄稿しております。 よろしかったら御覧ください。(小池拓也) 体罰は犯罪か?~部活のコーチ・先輩・親が殴ったらどうなる? 教育論ではあ... (Read more)

Newer Entries »
Copyright(C) Shonan-Godo Law Office. All Rights Reserved.